大名あれこれ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「大名あれこれ」第2回は、先日追加したばかりの平岡家です。


平岡家が大名になったのは、幕末も押し迫った元治元年(1864年)のことです。それ以前は、かなり下級の旗本でした。
平岡家が大名になるまでをおさらいしましょう。

平岡家の初代平岡道成の父平岡頼成は、武田晴信(信玄)や武田勝頼に仕えた武将でした。頼成の正室は武田四天王の一人として名高い春日虎綱(高坂昌信)の妹だといわれています。
道成の代のとき武田家は滅亡し、道成は徳川家康に仕えることになります。家康からは甲斐国の代官に任命され、1000俵を与えられます。
これ以降、平岡家は故郷の地である甲斐国と密接に関わっていきます。

第2代の平岡千道のとき大久保長安事件が発生し、これに連座して千道は一度失脚しますが、後に徳川家光の弟徳川忠長の家臣として登用され、200俵を与えられます。忠長は当時甲府藩主であり、千道はまたも甲府で働くことになったのです。
第3代の平岡吉道のとき忠長は改易され、吉道もいったん旗本に戻りますが、第4代の平岡道益のとき、今度は徳川家光の3男でやはり甲府藩主であった徳川綱重の家臣になります。なお、道益のとき、加増を受けて300俵となっています。
宝永元年(1704年)、第5代の平岡道哿のとき、綱重の子で甲府藩を継いでいた徳川綱豊が徳川家宣と改名して将軍継嗣となります。これに伴って、道哿も300俵の旗本となります。

これで平岡家と甲府との関わりは終わりかというと、まだあります。
甲府藩は、綱豊が将軍継嗣となった後、柳沢家が入りますが、享保9年(1724年)に柳沢家が大和国の郡山藩に転封になると、以降は天領になりました。
そして、天領になった甲府を管理するためとして、甲府勤番という役職が新たに設けられたのですが、道哿は甲府勤番として最初に甲府に派遣された旗本の一人になっています。その後、第6代の平岡道利、第7代の平岡道央も、甲府勤番を経験しています。

さて、第8代の平岡道忠のときに加増があり、300俵から500石となったのですが、第9代の平岡道弘が家督を継いだ天保8年(1837年)の時点では、この500石の状態でした。依然として下級の旗本だったといってよいでしょう。
ところが、嘉永2年(1849年)、道弘は、御側御用取次という将軍の側近に抜擢されます。御側御用取次というと、大岡忠光田沼意次林忠英など、旗本から大名に出世した人物を何人も出した役職です。ここから道弘も出世コースに乗っていきます。
同年に1500石、万延元年(1860年)に2000石、文久2年(1862年)に1000石、そして元治元年(1864年)に5000石をそれぞれ加増されて、あっという間に1万石に到達したのです。

しかし、大名としての生活は長くはありませんでした。わずか3年後の慶応3年12月9日(1868年1月3日)、王政復古の大号令によって、徳川慶喜の将軍職辞職が決定します。
道弘は、大名としてただ1人、領地を放棄して慶喜の江戸城退去に随行し、その後徳川家達の家臣として静岡藩の大参事(家老職)に就任します。

大名は基本的に明治政府下で華族に叙せられていますが、明治政府が確立した時点ですでに大名でなくなっていた平岡家は、華族になっていません。
そのため、近世系図堂で大名として掲載している家のうち、唯一、明治以降の系図が全く分からない家となっています。「寛政譜以降旗本家百科事典」では、道弘の養子と考えられる平岡道教という人物の存在が確認できますが、詳しいことは分かりません。

なお、道弘は、文献やインターネット上(Wikipediaなど)で、「藤沢宮内米和の2男」と記載されていますが、これは誤りです。
まず、「米和」ではなく、「次和」が正しい名です。寛政重修諸家譜にも、「藤沢次和」が掲載されています。
また、2男ではありません。道弘は寛政10年(1798年)の生まれですが、同年頃までの系図を収録している寛政重修諸家譜には、次和の子としてすでに元服している男子2名(藤沢延次、藤沢次富)が掲載されています。道弘が3男以降であることは間違いありません。
藤沢家も平岡家と同様、代々甲府勤番を務めてきた家で、道弘の養父である次和は家督を継いだ安永3年(1774年)以降甲府勤番を務めていました。一方、平岡家も第7代の道央が宝暦元年(1751年)から寛政2年(1790年)まで甲府勤番を務めており、この縁で道弘の養子入りが実現したのではないかと推測しています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。